OMOの歴史

代表の歴史

学区内下から2番目の高校卒業後

1990年
ラーメン店入社

2000年
レストラン運営会社入社
レストランキッチンスタッフを経てグループ店の焼肉店で働く

2003年
調理師免許取得
ラーメン契約社員
本店で約5年勤める

2007年
派遣社員での営業
光ファイバーの営業 
トップ成績も何度か取るも本当にしたい仕事が何なのか悩み続けたときに出会った本「夢をかなえるゾウ」を徹底的に読みラーメン屋として独立する事を目指す

2008年
営業の仕事をしながら夜はラーメン屋でアルバイトとして働く

独立

2009年
8月 東淀川区 麺屋もみじ オープン
ラーメン発見伝、ラーメンBOOKを必死で読み料理を1から勉強しなおす。

2010年
11月 豊中市 島田製麺食堂 オープン
自家製麺を導入する。

法人

2011年
1月 株式会社お客様みなさまおかげさま設立 略(株)OMO

2012年
7月 伊丹市 必死のパッチ製麺所 オープン
完全バリアフリーで車椅子、ベビーカーでも気軽に来店できる店舗にする

2014年
年商1億突破見込み

代表の歴史

創業から4年を迎えました。これもほんとうに、お客様、スタッフ様、業者様、家族や、まわりで支えていただいてるみなさまのおかげさまです。
本当に感謝しています。

独立してからは、ほんとうに素晴らしい困難にブチ当たりましたが、僕の座右の銘「困難のない人生なんてありえない。もしあるとすれば怠けている証拠だ」を胸に何とか必死のパッチで乗り越えさせていただきえました。
この素晴らしい経験をこれからの世代に伝えていければと思っております。

最近は情報、流行のスピードが本当に速く常に変化が求められる時代です。
情報が多すぎて、何が本当で何を信じていけばいいか悩み、情報で頭でっかちになり『頭』でしか動けない、自分の身を守る事を『頭』で考えてしまう「事」や 「人」が多いそんな時代だからこそ、今こそ原点に戻り『心』で動き人と人をつなぐアナログなラーメン屋として、味も接客もサービスも向上するお店作りをし ていきます。

「ラーメン屋=アナログピープルビジネス」と思っており、当店で働くスタッフには作業で大切な事よりも、「人」として何が大切かを伝え、たかがラーメン屋 のたかがアルバイト、たかがパートで働いても、将来には当店で働いてよかった、為になった、と思もわれるような人材育成をして、「いい人」を世の中にたく さん輩出していきます。

Don’t Think. Feel!